CA留学

 CA就職に有利なのは大学?短大・専門学校?実はマレーシア留学が全てを上回る!

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

コロナのこの状況で、いつになったら海外留学できるんだろう…

安心して下さい。
マレーシアCA留学は、
2021年3月から現地に入国が出来るようになりました!

日本でCA留学を目指す方が一度は気になるのが、CAになるには進学先を専門学校・短大にした方が有利なのか、大学にしたほうが有利なのかです。

目次

短大・専門学校のメリット

短大・専門学校ならば、エアライン科がある短大・専門学校がCAになるには有力です。エアライン科のある短大・専門学校に進むメリットは:

・英語力アUP

・航空業界の専門知識を学べる

・キャビンアテンダントに求められる力が身に付く

・短い期間でCAを目指せる

・授業料が安い

などが挙げられます。

航空会社の中には、シンガポール航空など、採用条件短大以上の所もあるので、

専門学校などに行く場合は、そこを卒業した際に、短大扱いになる(短大修了証書を貰える)かを確認しましょう。

大学進学のメリット

大学ならば、外国大学など、国際系・外国語系の学部がある大学がCAになるには有力です。国際系・外国語系の学部がある大学に進むメリットは:

・英語力UP

・英語以外の外国語も学ぶ事ができる

・大卒になるのでCA以外の道も広がる

などが挙げられます。

しかしこれらのメリットは、日本の短大・専門学校・大学に進学するよりも、

マレーシアの短大・専門学校・大学に進学した方が、遥かに多く得られます。マレーシア留学はCAを目指す人には最適です。

ココからは、なぜマレーシア留学がCAを目指す人には最適なのか、オススメのマレーシアの専門学校と大学を紹介しながら、解説していきます。

マレーシアのCA専門学校「クルーラウンジ」

マレーシアはCA大国と呼ばれており、世界最高峰と名高いシンガポール航空のCAも、マレーシアから多く来ています。ではなぜマレーシアのCA専門学校「クルーラウンジ」がオススメなのか解説していきます。

理由1)圧倒的CA就職率

日本の短大・専門学校・大学のCA就職率はとても低く、約2%ほどです。CAはとても狭き門で、その採用倍率は高い時で100倍にも達します。

対するマレーシアの「クルーラウンジ」のCA就職率は、驚きの80%以上になります。

なぜ日本の「短大・専門学校・大学」と比べて、マレーシアの「クルーラウンジ」がこれほど圧倒的なCA就職率を誇っているかというと、

卒業した時に挑戦できる航空会社の数に、圧倒的な差があるからです。

基本的に日本の短大・専門学校・大学を卒業すれば、挑戦できる航空会社は日本の航空会社限定となります。

日本の短大・専門学校・大学は、日本の航空会社に就職するためのサポートなどは充実しているかもしれませんが、

対する「クルーラウンジ」は、世界中の航空会社との繋がりがあり、世界中の航空会社の担当者が、直接「クルーラウンジ」を訪れて、その場で最終面接から就職決定などもあります。

日本ではとても狭いCAの門ですが、世界的には、CA業界は人手不足に陥っています。

ではなぜ、日本では採用倍率がとても高いのか。理由は日本人が基本的に海外に恐怖心を持つ傾向にあり、

日本のCA志望する方のほとんどが、ANAやJALなどの、数少ない日本の航空会社に、集中することになるからです。

しかしこれは仕方がないことで、海外留学も経験した事がない方が、いきなり海外で英語を駆使しながら、就活し、就職するのは難易度が高すぎます。

結果、日本の「短大・専門学校・大学」のCA就職率2%に対して、マレーシアの「クルーラウンジ」のCA就職率が80%と、CA就職率に圧倒的な差ができました。

理由2)CA志望の方に有利な資格が貰える

CA大国マレーシアでも、唯一「IATA公認資格」「短大修了証書」が貰える、IATA公認のCA専門学校(短大卒扱いされる)がマレーシアの「クルーラウンジ」です。

※「IATA公認資格」の詳細は記事:【保安要因としての能力】をアピールしないCA志望者は、CAの役割をわかっていないと思われる!の「クルーラウンジを卒業して得られる資格」で解説しておりますので、是非ご覧ください。

理由3)超実践的な訓練+授業内容

マレーシアのCA専門学校「クルーラウンジ」では、CAの経験の豊富な講師陣が揃っており、その訓練・授業内容は、実際に航空会社に新人CAとして就職した方々が、最初にクリアしなければならない訓練・授業のように、超実践的な内容です。

訓練の他にも、「ひとりひとりに合ったメイク」を、美容専門の講師から、化粧の方法や、髪型のセットの方法まで、学ぶ事ができ、面接対策も学ぶ事ができます。

航空会社によっては、化粧や髪型が本人に合っていないという理由で、落とされてしまうことがあります。

理由4)多くの言語+文化に触れられる

マレーシアは多民族国家で、主に「中華系」「マレー系」「インド系」がいます。共通言語は英語ですが、中華系は中国語を第一言語としていたりと、英語以外にも色々な言語に触れることが可能で、英語と中国語を、マレーシア在学中にマスターされた方などもいらっしゃいます。

日本の学校に進学し、交換留学などで、海外を経験するのも良いですが、現実的に数ヶ月で語学をマスターしたり、海外の文化を理解するのは難しいです。

他にも、多国籍国家のマレーシアには、色々な国から人が集まっているので、自然と交友関係も多国籍なものになります。

その結果、語学力はもちろん、CAに大切な能力である、「異なる文化を理解する能力」や「自己管理能力」も育むことが可能です。

クルーラウンジを見てみる!

CAを目指せるマレーシアの大学

クルーラウンジは、CA就職率も高いのですが、中には、「大卒の資格を取りたい」「CA以外の道も残しておきたい」という方もいます。

そんな方には、マレーシアの大学「観光学部」「ホスピタリティー学部」からCAを目指すのもオススメです。

「観光学部」「ホスピタリティー学部」とは、ホテルマンやCAのような、「お客様をおもてなしするスキル」〜「ホテルや航空会社などのマネージメントスキル」を学べる学部で、

卒業後の進路は多岐に渡り、ホテル、旅行会社、航空会社などのホスピタリティー系の企業はもちろん、その他の企業にも就職することができます。

マレーシアには有名な「観光学部」「ホスピタリティー学部」があり、その一つがテイラーズ大学です。

テイラーズ大学の「観光学部」「ホスピタリティー学部」は、世界大学ランキングでアジア2位に選ばれています。

テイラーズ大学では、旅行会社のカウンターに見立てた教室があったりと、実践的な訓練や授業を受けることが出来たりと、

テイラーズ大学と提携している、マレーシア航空やオランダ航空などの航空会社で、インターンシップを受けながら、現場でリアルな経験を積むことが出来ます。

テイラーズ大学は、ホスピタリティー学部の場合ですと、約50%が海外からの留学生になりますので、交友関係がとても国際的になります。

マレーシアの大学は課題も、グループ課題が多く、色々な異なる人種、国籍で構成されたグループの中で、協力し合いながら、課題をクリアしていく必要があります。

このような環境のおかげで、語学力向上はもちろん、異文化を理解する力、価値観の違う人と、関わり、協力していく、コミュニケーション能力も得ることが出来ます。

これらの能力は、就職してからも、とても重要な能力なので、大学を卒業してからも、役立つ能力です。

テイラーズ大学の「観光学部」「ホスピタリティー学部」を卒業した方の、主な就職先には航空会社もありますが、

ホテルやリゾート会社、旅行会社などもありますので、就職先も多く、CAを目指したい方が、「大卒の資格を取りたい」「CA以外の道も残しておきたい」という方にはオススメです。

テイラーズ大学を見てみる

まとめ

マレーシアにはCA就職率80%以上のCA専門学校「クルーラウンジ」や、世界の大学ランキングでアジア2位の「観光学部」「ホスピタリティー学部」がある「テイラーズ大学」など、

日本の学校に進学した場合に比べ、卒業した際に、CAになる為に挑戦できる航空会社が圧倒的に多い短大・専門学校・大学が多くあります。

CAになるには、日本の短大・専門学校・大学を卒業するよりも、マレーシアの学校を卒業した方が、遥かにCAになる夢を叶えやすいですし、

CAの道を選ばなかったとしても、将来、就職後に役立つ能力を手に入れられるので、ぜひマレーシア留学を検討してみてください。

CA就職率80%以上のクルーラウンジを見てみる!

アジア第2位のテイラーズ大学を見てみる!

関連記事

CAの1日と仕事内容

CAのスケジュール:国内線の場合 国内線の場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。