CA留学

【初公開!】コロナ禍でも外資系CAを目指せる方法

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

コロナウィルスの影響で、CAの夢が閉ざされてしまいました、、。

そんなことありません!
この状況だからこそ、CAになるための準備を一緒にしませんか?

目次

自己紹介をお願いします。

新保 友麻(シンボ ユマ)です。

外資専門エアラインスクール・CrewLounge(https://ca-senmon.com/crew-lounge/)にて、マーケティング担当の日本人スタッフとして働いています。
日本人向けにCrewLoungeのSNS運用、事務作業、翻訳業務に従事しています。

CrewLoungeで働くことになった経緯は?

CrewLoungeの日本人の卒業生の方のInstagramの投稿で、この学校の存在を知りました。

投稿からでも伝わる、アットホームで明るい雰囲気がとても魅力的に感じ、自らメールを送って面接をしていただき、インターンシップをすることになりました。

講師陣に対する印象は?

みんな、フレンドリーで陽気で、とても優しいです。

私は普段、日本人向けの業務を主に担当しているので、他の講師陣の方々と仕事をする機会は比較的に少ないのですが、だからといって私を放っておくのではなく、いつも気にかけてくださいます。

学生に対する印象は?

社交的な生徒が多い印象です!

インターン初日にCrewLoungeを訪れた際、とても緊張していたのですが、生徒たちがフレンドリーに話しかけてくれました。

そのおかげで、初日から現在に至るまで、楽しく仕事ができています!

CrewLoungeの特徴とは?

主に3点あります。

講師陣全員、航空業界での経験が豊富であること

これは他のエアラインスクールと比べても珍しいと思うのですが、講師陣全員が外資の航空会社で10年以上キャビンアテンダントとして働いた経験があります。

更に、校長のカリム先生はキャビンアテンダントの採用担当/トレーナーのご経験、スタッフのミミ先生はキャビンアテンダントの採用担当のご経験もあります。

それぞれの経験を基に実践的な授業をしていただけるので、これほど価値のある授業を受けることは、ここ以外できないと思います。

②実用的な授業が多いこと

CrewLoungeでは、キャビンアテンダントとしての身なりの整え方や、教室内にあるモックアップと呼ばれる航空機の客室を使った授業等、実際に就職した後のことを想定した授業が多数行われます。

「これらの授業は本当に役立った!」と、CrewLoungeの卒業生で現在キャビンアテンダントとして働いている方々からも、お墨付きをもらっている授業内容となっています。

③教室での授業だけではなく、野外での活動もあること

時には教室を飛び出して授業が行われることもあります。

コロナ前には、キャビンアテンダントとして必須のスキルであるチームワーク力と結束力を高めるため、みんなでマレーシアのランカウイ島へ行ったこともあるそうです!

他国からの留学生に対するサポートは?

サポート体制は、抜群に整っています。

まずは、英語力に自信が無い生徒に対してのサポート面についてです。

CrewLoungeでは、入学した後に、校長のカリム先生と一対一で面談をする機会があります。

そこで、授業についていくことが少し難しいと判断された場合には、CrewLoungeと提携している語学学校に入って英語力の向上に励んだり、並行して少人数で授業を受けることもできます。

このように、最初から全員を同じスタートラインに立たせるのではなく、一人ひとりに合わせたペースを歩ませてくれるので、安心して入学していただけたらと思います。

次に、まだコロナの影響でマレーシアに来ることができず、オンライン授業を受けている生徒に対してのサポート面についてです。

オンライン授業を受けている生徒に対して、「一人じゃ無いよ。私たちが一緒にいるよ。」と安心感を与えることは必須で行なっています。

ですが、校長のカリム先生は、

「同じ値段を払ってもらうなら、対面授業にて、質の高い授業を受けて欲しい」

と考えているため、マレーシアに渡航できるまで休学扱いにすることも良しとされています。

このように、生徒一人一人に合わせてフレキシブルに対応をしておられることで、渡航できない学生の不安を払拭できていると思います。

ぶっちゃけ、CrewLoungeを選ぶメリットはあると思いますか?

結論から言うと、メリットだらけだと思います!

その理由は、主に3点あります。

①数々の航空会社との強い繋がりがあること

CrewLounge卒業生の内定実績を見ていただいたら一目瞭然ですが、世界各国の外資の航空会社に内定実績がある中でも、選考突破すら難しいと言われているシンガポール航空に卒業生の半数以上が内定をいただいています。

その他にも、「インハウスインタビュー」と呼ばれる、様々な航空会社の人事の方が実際にCrewLoungeを訪れて採用活動を行うイベントもあります。

これらは全て、校長のカリム先生、また、学校そのものに対する、航空会社からの信頼度を表しています。

ですので私は、他のどのエアラインスクールに行くよりもCrewLoungeで学ぶ方が、夢を叶えるチャンスが大きいと思います。

②世界トップレベルのエアラインスクールだと表彰されたこと

IATA(国際航空運送協会)に認定されているエアラインスクールの中で最優秀のトレーニングセンターとして表彰されており、これは、マレーシアのみならず、日本のどのエアラインスクールよりも優れたトレーニングを提供している証です。

③リーズナブルな価格で、英語力と+aのスキルを鍛えることができること

マレーシアという”リーズナブルな価格で行ける留学先”で、英語のスピーキング力を高める機会を多く提供しているCrewLounge。

また、英語力のみならず、多民族国家のマレーシアならではの異文化理解力や多文化共生の力をも身につけることができるため、CrewLoungeに行くことは、一石二鳥だと思います!

CrewLoungeを検討されている方々へ、メッセージをお願いします。

CrewLoungeで勤務を始めてから、キャビンアテンダントになりたい学生にとって、ここで勉強することが、いかに効率的かということを実感しました。

私も、もし高校生の時にこの学校の存在を知っていたら、絶対進学先の候補の一つとして捉えていただろうな、、と思うことが多いです。

CrewLoungeに入学して後悔することはないと断言できますので、興味を持っていただいた方がもしいらっしゃいましたら、是非お待ちしています!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。