CA留学

日経航空会社、CAの新卒採用と既卒入社、どう違う?

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

コロナのこの状況で、いつになったら海外留学できるんだろう…

安心して下さい。
マレーシアCA留学は、
2021年3月から現地に入国が出来るようになりました!

目次

既卒入社も新卒入社も違いはない

単刀直入に申しますと、基本的に新卒も既卒も、入社してしまえば、違いはありません。たとえ別の航空会社でCAとして数年働いていたとしても、他の航空会社に転職すれば、新人として訓練を受けます。

しかし、最近は、「航空会社によっては、CAの経験がある場合、早く昇格」できます。

新卒と既卒では入社難易度は違う

新卒と既卒では、採用面接で直接質問される内容も変わってきます。新卒の場合ですと、「なぜCAになりたいのか」「理想のCA像」など、受験者がCAに適切な性格を持っているかなどを見ようとしてきます。対して既卒の場合ですと、それに加えて「前職で何をしていたか」なども質問されます。

たとえば、前職がホテルマンだった場合、「どのようにしてお客様に対応してきたか」「評判はどうだったか」などを聞かれます。なので受験者は、それらの解答に加えて、いかに前職の経験がCAに活かせるかも話すことになるので、「新卒の方に比べて、話せることが多く」あり、回答に困ることは少ないと言えます。

またすでに「社会人として経験も積んでいる」ので、面接などにも、新卒の方に比べて慣れている可能性が高いです。

募集数も異なります。日経の航空会社の場合ですと、新卒枠に対して、「既卒枠の募集数は少ない」ので、競争率は高くなります。

一方、外資系の航空会社の場合、「新卒枠と既卒枠が分けられておらず」、一緒に面接を受ける場合があります。そうなると、実際に社会人経験(特にサービス業)がある方は、話せる内容が多く、また前職の経験を元に「どうCAとして貢献できるか」「いかに自分がCAに向いているか」を説明できれば有利に慣れます。

新卒でCAになれなかったとしても、「一度他の業界に入社した後に、もう一度CAを目指す」ことができますし、「既卒でCAいんなれた方も多く」いらっしゃいます。

CAに繋がりやすい航空会社以外の業種

・ホテルマン

・秘書

・テーマパークのキャスト

・看護師

・受付業

・ワーキングホリデー帰り

etc

CAに繋がりやすい業種はホスピタリティー系(サービス業)と呼ばれる「お客様にサービスを提供する業種」「丁寧な話し方や振る舞い方が身につく業種」になります。ホテルマンは色々な層のお客様にサービスを提供しています。「家族旅行で来たお客様」〜「ビジネスで来たお客様」、「国内から来たお客様」〜海外から来たお客様」窓、客層もCAと近いです。

またホテルマンは、海外からのお客様の為に、「語学力を身に付けることも可能」ですので、とても有利です。

テーマパークのキャストはビジネスで来たお客様にサービスを提供することは少ないですが、「お客様を楽しませるスキル」や、「大勢の人の前で話すことに慣れている」などがあります。

またワーキングホリデーがあることからも分かる通り、「語学力の有無」はとても重要です。

秘書は「丁寧で美しい話し方や振る舞い方、正しい敬語」を学ぶことが出来ます。実際、取得すると有利な資格の一つに秘書技能検定などがあります。

※CA就職に有利な資格に興味がありましたら記事:航空会社に就職するのに有利な働く資格は?【CA就職にオススメの資格Top5】をぜひご覧ください!

CAを目指している方にオススメの大学

ここまで述べてきた事を通して言えることは、できるだけCAになれる立場を上げる為には、「CA新卒入社に失敗したとしても、後にCAに繋がれる業種」に就職できる大学に’進むことが重要です。ですので、

・語学力が付く

・ホスピタリティー力が付く

・ CAに失敗しても別のホスピタリティー業界に唾がる

この3つの要素がある大学を選びましょう。そこで1番オススメの大学が、マレーシアにある、「世界大学ランキングアジア2位」のテイラーズ大学(ホスピタリティー学部)です。

テイラーズ大学(ホスピタリティー学部)では、「旅行会社のカウンターに見立てた教室」があったりと、実践的な訓練や授業を受けることが出来たり、

テイラーズ大学と提携している、マレーシア航空やオランダ航空などの航空会社で、インターンシップを受けながら、「現場でリアルな経験」をつけることが出来ます。

卒業後の進路は多岐に渡り、ホテル、旅行会社、航空会社などのホスピタリティー系の企業はもちろん、その他の業種にも就職することが出来ます。

※CA就職率80%以上のCA専門学校やテイラーズ大学について興味がある方は記事:CA就職に有利なのは大学?短大・専門学校?実はマレーシア留学が全てを上回る!を是非ご覧ください!

まとめ

新卒と既卒入社は、入社してしまえば同じですが(航空会社によってはCA経験者は早く昇格できる)、入社までの難易度は異なります。「既卒の場合」は、ホスピタリティー系(サービス業)の」業界の経験があると、「CA就職に有利に働く可能性が高い」です。既卒ではあるが、CAが諦められない場合は、「CA就職に有利な資格」などを取得しておくと良いです。

※CA就職に有利な資格に興味がりましたら記事:航空会社に就職するのに有利な働く資格は?【CA就職にオススメの資格Top5】是非ご覧ください!

これから大学を選ぶ方は、「ホスピタリティー系の企業に就職しやすい大学」を選びましょう。

※CA就職率80%以上のCA専門学校やテイラーズ大学について今日もがある方は記事:CA就職に有利なのは大学?団大・専門学校?実はマレーシア留学が全てを上回る!を是非ご覧ください!

関連記事

CAの1日と仕事内容

CAのスケジュール:国内線の場合 国内線の場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。