CA留学

CAになる為に心がけること

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

コロナのこの状況で、いつになったら海外留学できるんだろう…

安心して下さい。
マレーシアCA留学は、
2021年3月から現地に入国が出来るようになりました!

CAになる為には、CAの仕事、役割を知り、そこから面接官がどのような人間を求めているかを知り「自分が適していること」をアピールしる必要があります。

CAの役割の詳細は記事:【保安要員としての能力】をアピールしていないCA志望者は、CAの役割をわかっていないと思われる!で説明しておりますので、興味のある方は、ぜひご覧ください。

本記事ではCAを目指している人が心がけていることを紹介してきます。

目次

CAに求められている心がけるべきこと

1)印象を良くする

CAの役割の一つが、お客様に対して、サービスや快適なフライトを提供する事です。「心地の良い表情や、美しい姿勢、話し方」などができる必要があります。エアラインスクールによっては、これらの「訓練できる場所」もありますで、そこで「笑顔の練習」「自分に合ったメイクアップ/ヘアスタイルの練習」をするのがオススメです。

他にも、CAはフライト毎に、メンバーが変わるので、必ず「初対面の他のCAと、協力」しなければなりません。全員が気持ちよく仕事をするためにも、「第一印象が良い人」が求められます。初対面の人ともすぐに打ち解けられるようにしておくと良いです打ち解けられるようにしておくと良いです。

2)英語によるコミュニケーション能力を上げる

CAは国際線/国内線、日経/外資系にかかわらず、外国人のお客様にサービスを提供することがあるので、「必ず英語での会話をする必要」があります。日本人のリーディング能力は低くないと言われていますが、CAに求められるのは、「リスニング能力とスピーキング能力」です。留学などを経て、英語によるコミュニケーション能力を上げましょう。

3)異文化の理解力を上げる

英語力を上げなければならないのと同じ理由で、CAには「異文化を理解する能力が必要」です。様々な国から来た「お客様の文化」を理解しつつ、快適なフライトを過ごせるようにサービスを提供していかなければなりません。そのため、英語力を上げるときと同じ様、「多国籍国家に留学をし、さまざまな国の文化を経験する」のもオススメです。

4)美しく丁寧な日本語を身に着ける

CAはお客様にサービスを提供するだけでなく、「航空会社の顔としてのマーケティング要員」でもあります。お客様の中には、「正しく、美しい日本語に精通している方」もいらっしゃいます。誤った日本語を使ってしまうと、「航空会社のブランドイメージを下げてしまう」ことがあります。これは外資系の航空会社の日本人枠に応募する際にも、重要なことですので、CAになる為には、美しく丁寧な日本語を訓練しましょう。

5)問題解決能力を身に着ける

CAの役割の中で1番大切なのが、「保安要員としての役割」です。フライト中に何か問題が起きた際、適切に「状況を分析、何が起きるかを予測し、解決策を考え、対処する」ことで、お客様に安全なフライトを提供する必要があります。

※保安要員の大切さは、記事:【保安要員としての能力】をアピールしないCA志望者は、CAの役割を分かっていないと思われる!で説明しておりますので、興味のある方は、ぜひご覧下さい。

6)チームワーク力を身に着ける

CAはチームで乗客にサービスを提供しますし、何か問題が発生した際も、「チームで解決していきます」。CAは要領よく、また仲間とコミュニケーションをとり、協力し合いながら、安全で快適なフライトをお客様にお届けしまければなりません。

学生時代から、「チームで何かを成し遂げる経験」を沢山し、面接の際に、チームワーク力、コミュニケーション力をアピールできるようにしておきましょう。

マレーシア留学でこれらの要素を習得できる

CA大国マレーシアには、卒業生のCA就職率が80%以上のCA専門学校「クルーラウンジ」や、世界大学ランキングアジア2位の「テイラーズ大学(ホスピタリティ学部)」など、CA就職に繋がりやすい学校や大学があります。

理由1)実践的なサービスの訓練ができる

クルーラウンジやテイラーズ大学では、「実践的な接客訓練をする授業」があり、そこでは、お客様へのサービス提供の仕方を学ぶことができます。またクルーラウンジでは、「ひとりひとりに合ったヘアスタイルやメイクアップの方法」もプロから学ぶことができます。

理由2)語学力が上がる

マレーシアは「多国籍国家」で、中華系、インド系、マレー系で構成されています。「共通語は英語です」。中華系のマレーシア人は「母国語として中国語」を使用していますので、努力次第では、英語と中国語の両方を学ぶことができます。マレーシア留学生の中には、マレーシア留学中に、「英語と中国語を習得」された方もいらっしゃいます。

理由3)異文化理解力が上がる

上記でも述べた通り、マレーシアは「多国籍国家」で、中華系、インド系、マレー系で構成されています。他にも、マレーシアの大学は、「世界中から留学生が集まっています」。クラスの友人と、仲良くするだけで、「自然と世界中の文化に触れる」ことができますので、自然と異文化に対する理解力が上がります。

理由4)問題解決能力が上がる

マレーシアは、日本のように、何か問題が起きたときに、学校や政府が「必ず助けてくれるというわけではありません」。もちろん大きな問題が発生した時には、日本大使館やエージェントが助けてくれますが、「小さな問題は自分で解決していく必要」があります。そのような経験を得ると、自然と「自己管理能力や問題解決能力」が上がります。

理由5)チームワーク力が身に付く

マレーシアの大学と日本の大学の大きな違いの一つが、「提出物のほとんどがグループワーク」となっていて、チームで一つのプロジェクトにとりかかる形式の提出物が多いことです。このグループワーク形式の提出物をこなしていくととで、「自然をチームワーク力が身に付き」ますし、「異文化に対する理解力」も上ります。

まとめ

CAになる為には、面接官に対して、「自分がCAに適している」ということをアピールしなければなりません。そのためには、CAの役割、CAに求められていることを理解する必要があります。

「サービス要員としての能力」「ブランド要員としての能力」「保安要員としての能力」を磨き、面接の際に自分が、CAに求められている要素を持っていることをアピールできるようにしておきましょう。

※CAの役割を記事:【保安要員としての能力】をアピールしないCA志望者は、CAの役割を分かっていないと思われる!で説明しておりますので、興味のある方は、ぜひご覧下さい。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。