CA留学

CAの1日と仕事内容

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

コロナのこの状況で、いつになったら海外留学できるんだろう…

安心して下さい。
マレーシアCA留学は、
2021年3月から現地に入国が出来るようになりました!

目次

CAのスケジュール:国内線の場合

国内線の場合、「1日に4便ほど乗務」することもあります。ひとつひとつのフライト時間が短いからこそ、「乗務数が多く、とても忙しい」です。

出社

化粧、ヘアセットをし、制服を着たら、空港に向かいます。「フライトの2時間前」には空港に着くようにします。空港に到着したら、まず出社したことを記録し、「緊急の情報、共有されている情報」が無いかを確認します。

フライトの準備

お客様の詳細、例えば、サポートが必要な方がいるかどうかの確認。ドリンクメニュー確認。自分が担当する座席の確認。緊急事態の際の避難プロセスの確認。

ブリーフィング

パイロットや他のCAと、「フライトに関する打ち合わせ」をします。打ち合わせの内容は、フライトの内容の確認、飛行機のドアの位置などのマップの確認、そして酸素ボンベの数や、火災の避難経路などの「安全に関わる事項」の確認です。

「安全に関わる内容は特に念入りに確認」をします。乗務員全員の頭の中に、安全に関わる必要事項が入っているかチェックするため、「客室の責任者から各CAに質問」をします。CAは全員ブリーフィングまでにそれらの質問に回答できるようにしておきます。

回答できなければ、安全に関わる必要事項が、頭に入っていないとみなされます。

機内準

機内準備とは、機内いn乗り込んでから行う、「安全確認を含む準備」です。自分が担当する座席に故障などの問題がないか。ライフジャケットなどの「緊急時に使用するアイテムが規定の位置にあるか」。整理整頓がされているかなどを確認します。

他にも、消化器、酸素ボンベ、メガホンなどの確認を行います。

座席が綺麗化などの確認も大切ですが、最も大切な事は、お客さまに安全なフライトを提供するために必要な「緊急時に使用するアイテムが規定の位置に備わっているか」、そして「機能しているかを確認」することです。

食事やドリンクの準備は、これら全ての確認が終わってから行います。全ての確認が終わったら、客室の責任者に報告します。

離陸前の準備

お客様座席に着いたら、地上の係員から、必要書類を受け取り、地上の係員が扉を閉めると、客室の責任者が、全ての扉の操作を指示します。

扉が閉まったら、お客さまに対して「緊急時の際の対処法を説明」いたします。説明が終わり次第、全てのお客様が、正しい座席に座っているかを確認、またそれらのお客様が、「しっかりとシートベルトを着用しているか」の確認をします。

他にも、荷物入れなどの扉がしっかり閉まっているか確認します。そうしなければ、離陸中に突然扉が開いて、中の荷物が落ちてきたりして危険だからです。

全ての安全確認が終わり次第、CAはそれぞれ自分が担当するエリアのCA専用の座席に座りますが、座った後も、「お客様が立ち歩いたりしていないかを注意して監視」します。もしもシートベルト着用サインに気づかずに、お手洗いに行こうとしているお子様や、お客様がいた場合は、席に着くようにお願いします。

離陸後(上空)

シートベルト着用サインが消えると、CAはサービス提供を開始します。主に食べ物や、ドリンクの提供と、それらのゴミの回収、お手洗いの清掃なども行なっています。しかし1番大切なのが、「保安要因としての仕事」です。

「体調が悪そうな人」はいないか、「機内のルールを破っている人」はいないか、「不審なことや、危険なことをしている人」はいないかなどを確認します。

また上空にて、シートベルト着用サインが点灯した場合、立ち歩いているお客様がいないかの確認を行います。

着陸前

着陸前、シートベルト着用サインが点灯したら、離陸前と同様、全てのお客様が座っているか、シートベルトを着用しているかの確認。荷物入れなどがしっかりと閉まっているかの確認。全ての確認が終わったら、CA専用の座席に座りながら、立ち歩いている人がいないか注意します。

着陸後

シートベルト着用サインは消えたら、CAは地上の係員がドアを開けられるように、ドアの操作をします。お客様が飛行機から降りたら、CAは「飛行機に残っているお客様はいないか、お客様の忘れ物はないか」を確認します。

忘れ物が無いことを確認できたら、今度はお客様に提供する食べ物や飲み物を入れる「ギャレーの準備」をしたり、「お客様が使う毛布を畳んだり」と、次のフライトに向けて行います。

お昼の場合は、機内にて食べます。時間がないので、機内の掃除をしている間に、「立ちながらお昼ご飯を食べたり」「掃除が終わった座席に座って食べたり」します。

全ての準備が終わったら、機内にてミーティングを開き、客室の責任者が、「次の便での注意点」などを把握し、それをCAとシェアし、全ての準備が完了したら、お客様を搭乗させます。

国内線は各フライト時間が短い代わりに、「何度もフライトを1日に繰り返します」。便間はとても忙しく、休む時間はあまりありません。

デブリーフィング

1日のフライトが終わったら、その1日のフライトの内容の確認をしながら、

お客様から頂いた声をシェアしたり、「改善点を見つけ、次のフライトに活かせるようにします」

デブリーフィングが終わったら1日の仕事は終わりで、帰宅できます。

CAのスケジュール:長距離国際線の場合

国際線の場合は、「便によってかなり異なってきます」。日本から近い国の場合は、「日帰りも有り得ますし」、アメリカやヨーロッパなど、日本から凄く遠い国に行く長距離フライトの時は、日をまたぐので、「ステイ用に準備」する必要があります。

また国際線の時のように、何度も便間で準備をするという事はありませんが、「国際線も忍耐が必要」です。

ここからは国際線と比べながら、国際線について解説していきます。

出社

長距離フライトの場合は、「目的地でステイ」をしなければならないので、「ステイ用の準備」をします。また「入国するための情報や、必要資料などの準備」も事前にしておきます。

国際線は、フライトが早朝や夜間にあることがあるので、「公共交通機関が止まっている」事もあります。そんな時は「会社がタクシーを用意」してくれるので、そちらで空港まで行きます。

出社後〜離陸までの流れはほとんど国内線と同じですが、国内線よりも忙しくなります。

ブリーフィング

国際線のブリーフィングは、「フライトの1時間前」に始めます。国際線は機内食を提供しなければならないので、「食事サービスの計画」「お客様について知っておかなければならない情報」をシェアします。

ブリーフィングが終わったら、機内準備や安全確認、お客様の搭乗を国内線と同様に行い、離陸します。

離陸後(上空)

国内線との違いは、「食事のサービスがある」事です。例えばビジネスクラスや、ファーストクラスの場合は、「食事の盛り付け」などもしなければなりません。他にも国際線では、機内販売で、お酒類を販売するので、「税金のチェック」なども必要です。

食事の時間になったら食事の提供をし、それらの後片付けなども国際線ではやらなければなりません。

長距離フライトの場合ですと、「フライト時間が10時間以上」になりますので、CAは休憩を取る必要があります。そのため、機内には「クルーバンク」と呼ばれる乗務員専用の休憩室があり、

10時間以上のフライ地の場合は、「休憩を1〜2時間」ほど取ることができます。

長距離国際線の場合、CAを2班にわけて、「交代で休憩を取ります」。国際線のCAにとってこの休憩はとても大切です。

疲れていたり、眠気がある状態では、集中力が下がり、良いサービスを提供できなくなるのはもちろん、「保安要員としての役割を果たすことができない」からです。

宿泊先に向かう

国内線と同様に、着陸し、機内をチェック・清掃をしたら、入国手続きを、「お客様とは異なる、関係者専門ルート」で行います。

空港には「CAが宿泊先に行くためのバス」が用意されていますので、そちらのバスで宿泊先に向かっている間に、国内線同様デブリーフィングを行います。

ステイ先で休憩

ステイ先では自由行動で、ショッピングに行くCAもいれば、観光に行くCAもいますし、自室でゆっくりと休憩するCAもいます。

ステイ先で楽しむことも「モチベーション維持として大切」ですが、1番大切な事は、次のフライトに備えて「体力を回復させる」ことです。

長距離フライトの場合、「ステイ先にて一泊二日」、休むことができます。ステイ先での休憩が終わると、復路便にて、同じ流れで、日本に向かわれるお客様に安全で快適なフライトを提供します。

帰国後

長距離国際線のフライトの後は、基本的に、「3日ほど休暇が貰えます」。長距離フライトは「精神的にも、肉体的にも大変」な仕事ですので、「心身ともに健康な体を維持」するためです。

CAはこの間に、家族との時間を楽しんだり、体の回復に務めたり、趣味で体をリフレッシュしたり、取りたい資格の勉強などをします。

まとめ

CAの仕事内容で、乗務に見える部分がほとんどだが、飲み物や、食事などのサービスを提供している場面ですが、実はそれらは「CAの仕事の一部」に過ぎず、CAの多くの仕事は、お客様が搭乗される前の準備、安全なフライトを提供するためのチェック、またお客様が降機された後の、確認、清掃、次のフライト準備など、「多くの人の目にはつかない」ところにあります。

国内線では、多数のフライトをこなす為、便間でのフライトが、「お昼ご飯の時間を確保するのも大変」なほど忙しく、国際線の長距離フライトにおいては、10時間のフライトの中で、「1〜2時間」ほどしか睡眠を取ることができず、それ以外は、「ほとんど立っています」

CAは空港や機内にて、上品に話し、振る舞いながらお客様に快適なフライトを提供し、人々の憧れの対象になっている一方、目に見てない所で、お客様の安全や快適なサービスの提供の為に、「精神的にも、肉体的にも、決して楽ではない仕事」をしています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。