弊社としましては、学校指定の寮以外のルームシェアはオススメしていません。

マレーシアの場合、ワンルームの物件が少なく、学生でも一人暮らしではなくルームシェアをすることが一般的です。

ルームシェアの場合、どんな国籍/宗教/性格/清潔感の人と同じ部屋になるかわからず、トラブルが後を立ちません。

例えば、同居人の清潔感が欠けているため部屋に虫が湧く、冷蔵庫の物を勝手に盗られる、友達を呼び深夜まで騒ぐ、などのトラブルが代表的です。
留学生によっては、同居人の薬物(ドラッグ)の問題に発展したケースもございます。

特に、金銭トラブルにつきましては、日本人同士でも大変多くのトラブルが発生しております。
ルームシェアの場合は、自由に解約ができません。(マレーシアの賃貸契約は2年間が一般的ですので、期間が過ぎるまでは自分の後釜を見つけるor部屋を出ていっても家賃を払い続けることになります)。
2年以内に転居する場合、解約金/違約金が必要です。

その点、学校の寮は

①マレーシアの一般物件と異なり、狭いながらにも一人部屋の設定がある

②部屋自体の問題やルームメイトに問題があれば、直ぐに部屋を変えて貰える

③留学開始/終了に合わせて、解約金/違約金なしで1日毎に出入りできる

といったメリットもございます。

もし学生寮以外に住みたい場合、メリット以上に様々なデメリットがございます。
特に、一緒に住むシェアメイト選びには時間をかけ、慎重になって頂きたい、というのが我々の思いです。ですので、少なくとも留学当初は学生寮にお入りすることをオススメ致します。