質問カテゴリーを選ぶ

人気の質問

①1〜3ヶ月コース(短期集中コース)
→面接対策用のコースで、現役CA/社会人の転職活動、夏休みや春休みの1ヶ月だけ集中して授業を受講したい学生様にオススメのコースです。

②6ヶ月コース(IATA就職対策コース)
→確実にCAになることを前提に、
確実に自分の行きたい航空会社を目指すコースです。
IATAの修了資格が得られます。

③1年+3ヶ月コース(IATA短大コース)
→確実にCAになる、確実に自分の行きたい航空会社を目指すことに加え、航空業界に入社してから、直ぐにでも周りに差をつけ、キャリアアップしていけるための勉強を行います。

6ヶ月コースに加え、
IATA認定Diploma卒業資格、
ハーバード大学HMMプログラム資格、
クルーラウンジ全過程修了資格の全ての資格を得ることができます。

①1〜3ヶ月コース(短期集中コース)の授業内容
→面接対策がメインとなります。
ご希望の各航空会社に合わせて、独自の対策を学校と共に準備します。

②6ヶ月コース(IATA就職対策コース)の授業内容
→面接対策だけでなく航空業界全体に関する知識をマーケティングの観点などから勉強をするコースです。

加えて実際に現場に訪れたり、設備を用いた訓練など幅広く授業を受けていただきます。これらの授業は、IATAの教材・授業プログラムを利用します。

また、1〜3ヶ月コースとの最も大きな違いは、6ヶ月コースを修了するとIATAの修了資格が得られる点です。
世界のどんな航空会社に入社しても、新人研修ではこのIATAの定めた 航空法、各国の空港/機材についての名称/ルールを勉強します。

①そんなIATAの研修を終えているため、新卒ではあるが現職CA並の知識があることをアピールできる(外資系エアラインで最も求められる「即戦力」の部分をアピールできる)

②IATAの資格を取れる学校がまだまだ少ないため、そもそも資格を持っているだけで周囲の受験者と差別化できる

③1年+3ヶ月コース(IATA短大コース)の授業内容
→6ヶ月コースに加え、IATA認定Diploma卒業資格、ハーバード大学HMMプログラム資格、クルーラウンジ全過程修了資格の全ての資格を得ることができます。

また、1年間の授業に加えて、卒業前に3ヶ月間の長期インターンシップ(企業での職業体験)が義務付けられており、就職前に実務をしっかり経験できます。

Diplomaとは、日本でいう短大卒業と同じ扱いになります。

「海外の短期大学を卒業した資格」は、

短期の語学留学やインターンシップでは得られない、

「確実な海外経験を積んでいる」
ことの証明になります。

ハーバード大学HMMプログラム資格は、
ハーバード大学が策定した、
ビジネス全般に使える資格です。

リーダーシップとマネジメントスキルを伸ばす教育プログラムとなっています。

このプログラムは、米ハーバード大学の経営学部でも実際に使われているものと全く同じもので、

航空会社は勿論、
様々な業界で評価が受けられるビジネス系の資格です。

海外の短大を卒業した資格、
ハーバード大学の資格、

共に全世界で通用する、
一生使える資格となるでしょう。

→コロナ渦限定の、無料特典のオンラインクラスを受けた場合は、返金は不可能です。(渡航前に受けたオンライン授業は無料(カウントしない)とするが、渡航前にキャンセルする場合は授業を受けたとカウントします)。

無料特典のオンラインクラスを受けなかった場合には、「学生ビザ申請費用」「クルーラウンジのビザ手続き費用」「弊社サポート費用」を除いた金額が返金されます。

現役CA/CA専門.com非常勤スタッフの私がお答え致します。

28歳でも外資系CAに挑戦することは可能です!全く問題ありません。

例えばクルーラウンジの就職実績が多い航空会社の場合、シンガポール航空は18歳以上、エミレーツ航空は21歳以上と、下限は設定されていますが、年齢の上限は設定されておりません。

外資系エアラインは既卒の合格者の割合の方が多く、27歳であれば問題なく挑戦できると思います。実際にどちらのエアラインでも30歳で内定された方もいらっしゃいます。

既卒/他業界からの転職者を好んで採用すると言われている航空会社もございます(ヨーロッパ系など)。
その人の過去に働いた経験を評価し、採用しているので、他業種での職務経験や、海外留学の経験は高く評価されることも多いです。

外資系CAになるには、英語力は勿論、とにかくその会社にあった徹底した面接対策が必要です。
私自身も通ったからこそ分かりますが、日本のエアラインスクールは外資の対策が弱いため、クルーラウンジ等の外資向けエアラインスクールでの面接対策を強くオススメ致します。

お支払いの流れについては、

通常「2回に分けてお支払い」となっております。

①授業料(申込時にお支払い)

②寮費(渡航直前にお支払い)

ご希望であれば、下記のような1回払いも勿論可能です。

1回払い:①授業料+サポート費全額+寮費

→1年コースの場合のみ、2回払いで分割可能です。

1回目 入学金・教材費・授業料(入学時に支払い)

2回目 残りの授業料(2学期目の開始前までに支払い)

詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

全ての質問

①1〜3ヶ月コース(短期集中コース)
→面接対策用のコースで、現役CA/社会人の転職活動、夏休みや春休みの1ヶ月だけ集中して授業を受講したい学生様にオススメのコースです。

②6ヶ月コース(IATA就職対策コース)
→確実にCAになることを前提に、
確実に自分の行きたい航空会社を目指すコースです。
IATAの修了資格が得られます。

③1年+3ヶ月コース(IATA短大コース)
→確実にCAになる、確実に自分の行きたい航空会社を目指すことに加え、航空業界に入社してから、直ぐにでも周りに差をつけ、キャリアアップしていけるための勉強を行います。

6ヶ月コースに加え、
IATA認定Diploma卒業資格、
ハーバード大学HMMプログラム資格、
クルーラウンジ全過程修了資格の全ての資格を得ることができます。

①1〜3ヶ月コース(短期集中コース)の授業内容
→面接対策がメインとなります。
ご希望の各航空会社に合わせて、独自の対策を学校と共に準備します。

②6ヶ月コース(IATA就職対策コース)の授業内容
→面接対策だけでなく航空業界全体に関する知識をマーケティングの観点などから勉強をするコースです。

加えて実際に現場に訪れたり、設備を用いた訓練など幅広く授業を受けていただきます。これらの授業は、IATAの教材・授業プログラムを利用します。

また、1〜3ヶ月コースとの最も大きな違いは、6ヶ月コースを修了するとIATAの修了資格が得られる点です。
世界のどんな航空会社に入社しても、新人研修ではこのIATAの定めた 航空法、各国の空港/機材についての名称/ルールを勉強します。

①そんなIATAの研修を終えているため、新卒ではあるが現職CA並の知識があることをアピールできる(外資系エアラインで最も求められる「即戦力」の部分をアピールできる)

②IATAの資格を取れる学校がまだまだ少ないため、そもそも資格を持っているだけで周囲の受験者と差別化できる

③1年+3ヶ月コース(IATA短大コース)の授業内容
→6ヶ月コースに加え、IATA認定Diploma卒業資格、ハーバード大学HMMプログラム資格、クルーラウンジ全過程修了資格の全ての資格を得ることができます。

また、1年間の授業に加えて、卒業前に3ヶ月間の長期インターンシップ(企業での職業体験)が義務付けられており、就職前に実務をしっかり経験できます。

Diplomaとは、日本でいう短大卒業と同じ扱いになります。

「海外の短期大学を卒業した資格」は、

短期の語学留学やインターンシップでは得られない、

「確実な海外経験を積んでいる」
ことの証明になります。

ハーバード大学HMMプログラム資格は、
ハーバード大学が策定した、
ビジネス全般に使える資格です。

リーダーシップとマネジメントスキルを伸ばす教育プログラムとなっています。

このプログラムは、米ハーバード大学の経営学部でも実際に使われているものと全く同じもので、

航空会社は勿論、
様々な業界で評価が受けられるビジネス系の資格です。

海外の短大を卒業した資格、
ハーバード大学の資格、

共に全世界で通用する、
一生使える資格となるでしょう。

現役CA/CA専門.com非常勤スタッフの私がお答え致します。

28歳でも外資系CAに挑戦することは可能です!全く問題ありません。

例えばクルーラウンジの就職実績が多い航空会社の場合、シンガポール航空は18歳以上、エミレーツ航空は21歳以上と、下限は設定されていますが、年齢の上限は設定されておりません。

外資系エアラインは既卒の合格者の割合の方が多く、27歳であれば問題なく挑戦できると思います。実際にどちらのエアラインでも30歳で内定された方もいらっしゃいます。

既卒/他業界からの転職者を好んで採用すると言われている航空会社もございます(ヨーロッパ系など)。
その人の過去に働いた経験を評価し、採用しているので、他業種での職務経験や、海外留学の経験は高く評価されることも多いです。

外資系CAになるには、英語力は勿論、とにかくその会社にあった徹底した面接対策が必要です。
私自身も通ったからこそ分かりますが、日本のエアラインスクールは外資の対策が弱いため、クルーラウンジ等の外資向けエアラインスクールでの面接対策を強くオススメ致します。

お支払いの流れについては、

通常「2回に分けてお支払い」となっております。

①授業料(申込時にお支払い)

②寮費(渡航直前にお支払い)

ご希望であれば、下記のような1回払いも勿論可能です。

1回払い:①授業料+サポート費全額+寮費

→コロナ渦限定の、無料特典のオンラインクラスを受けた場合は、返金は不可能です。(渡航前に受けたオンライン授業は無料(カウントしない)とするが、渡航前にキャンセルする場合は授業を受けたとカウントします)。

無料特典のオンラインクラスを受けなかった場合には、「学生ビザ申請費用」「クルーラウンジのビザ手続き費用」「弊社サポート費用」を除いた金額が返金されます。

Category: コロナ関連

①現在の就職状況

→実は、クルーラウンジには「まだ一般公募されていない」CAの採用が、「クルーラウンジ限定」で募集がかかっています。

つまり、コロナ渦の現在でも、

クルーラウンジの生徒に関しては、数社の中東のVVIPエアラインを中心に、就職活動を行っている状態です。

②これからの就職状況

→実は、あと1年以内に、かつてないほどのCAの大募集が世界中でかかるかもしれません。以下詳細↓

→結論からいうと、2021年5月現在、インハウスインタビューは行われていません。

ただし、どこの航空会社も「インタビューを実施したい」とは言っているので、マレーシア政府が観光ビザでの外国人の入国を許可し始めれば、すぐに開催される予定です。

→関連記事:「コロナの今だから」CAになる1番のチャンス!?「700人のCAを紹介してくれ!来年、一気に飛行機が飛ぶ!」

また、クルーラウンジの魅力は「卒業するまでのサポート」
ではなく、
「就職するまでサポート」して貰える点です。

仮に、クルーラウンジ在学中にインハウスインタビューに参加できなかったとしても、卒業後でも、正式に就職が決まるまでは、
クルーラウンジの学生として何度でもインハウスインタビューは受けていただけますし、学校から航空会社への斡旋もしてもらえます。

現役CA/CA専門.com非常勤スタッフの私がお答え致します。

ハワイアン航空の面接は、アメリカで就労できる人のみが面接を受けることができるものです。
基本的にはアメリカ国籍の方か、グリーンカード保有者のみ対象となりますが、そのどちらも持っていない場合には、アメリカの就労ビザを事前に取得し採用が出るのを待つ必要があります。

私の知っている範囲では、まずハワイのホテルで働きビザを取得。

その後、ハワイアン航空の採用が出た際に応募し、実際にCAになった日本人もいらっしゃいます。

私はあくまでこの程度の情報しか持ち合わせておりませんが、そのほか就職/航空会社ごとの詳細な情報に対しては、クルーラウンジ入学後に、元人事の学校スタッフ達が、航空会社ごとに全て詳細に回答/リサーチして貰えますので、ご安心下さい。

→学校や寮には、いわゆる「学食」「食堂」はございません。
食事は各自になります。

①外食
(寮のすぐ隣に「ショッピングモール」、「オフィス街に併設したレストラン街」がございます)

または

②自炊
(寮の共同リビングの共同キッチン)

という選択肢になります。

①外食
現地マレーシア人の学生さんたちは、一日三食すべて外食というのも普通です。
マレーシアは日本に比べて、自炊する文化が元々低いです。
家族連れでも一家で外食・テイクアウトでのご飯が一般的で、
学生単身ですと尚更、というお国柄です。

そのため、レストランが非常に豊富かつ値段も安く、下手に自炊するより安上がりになるのも、自炊しない人がいない理由です。

②自炊
対して日本人、特に女子学生は夜ご飯だけも自炊される方も多いです。
外食ばかりだとどうしても野菜不足・油分過多になりがちなため、
健康やお肌のことを考えて、自炊しているようです。

以下、弊社別サービス「マレーシア留学支援機構」内の記事にて、現地の声をのせています。
https://third-generation.co.jp/woman_ryugaku1/
パスワードは【health101】

コチラも併せてご確認下さい。

→1年コースの場合のみ、2回払いで分割可能です。

1回目 入学金・教材費・授業料(入学時に支払い)

2回目 残りの授業料(2学期目の開始前までに支払い)

詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

現役CA/CA専門.com非常勤スタッフの私がお答え致します。

はい、もちろん新卒でも外資系航空会社に就職できます。

クルーラウンジで就職実績の多いシンガポール航空やエミレーツ航空などは、新卒でも合格しやすい外資系エアラインとして有名です。

ですが、それ以外の外資系航空会社が新卒では合格のチャンスが全くないということではありませんし、新卒でも全ての外資系エアラインを受験し、合格する可能性がありますのでご安心ください。

既卒の方を好んで採用すると言われている航空会社(ヨーロッパ系など)では、その人の過去の経験を評価し、採用しています。
日本の大学や高校を卒業後に留学をし、その後受験するとなると、扱いは基本的には新卒の方と同じになりますが、留学の経験を評価され採用される可能性があります。

私はあくまでこの程度の情報しか持ち合わせておりませんが、そのほか就職/航空会社ごとの詳細な情報に対しては、クルーラウンジ入学後に、元人事の学校スタッフ達が、航空会社ごとに全て詳細に回答/リサーチして貰えますので、ご安心下さい。

弊社(=エアラインスクール)にお支払い頂く金額には、
入学金・授業料・資格取得費用、さらに留学中の寮費など、学校に支払う全ての金額が含まれています。
また、寮費には水道光熱費も含まれています。

ですので、留学にかかる残りの費用は、

①往復の航空券(LCCなら片道3万円程度)

②現地での生活費(食費+交際費+買い物)
約¥30,000〜50,000(1ヶ月当り、個人差があります)

の②点しかありません。

なお、お客様が弊社(=エアラインスクール)にお支払い頂く料金は、
以下になります。

IATA短大コース(1年)
 - ¥2,401,175 

IATA就職対策コース(6ヶ月)
 - ¥1,669,925

3ヶ月コース
–¥700,925

2ヶ月コース
– ¥598,925

1ヶ月コース
– ¥442,925

これに航空券往復(6万円)、生活費(平均4万円/1ヶ月)を足すと、

IATA短大コース(1年)
 - 約292万円(生活費込のおおよその総費用)

IATA就職対策コース(6ヶ月)
 - 約197万円(生活費込のおおよその総費用)

3ヶ月コース
- 約88万円(生活費込のおおよその総費用)

2ヶ月コース
- 約74万円(生活費込のおおよその総費用)

1ヶ月コース
– 約54万円(生活費込のおおよその総費用)

と、なります。
(あくまで概算です)

マレーシアが
「日本人が移住したい国ランキングで14年連続不動のナンバーワンの人気」
という事をご存知ですか?

オーストラリアやハワイといった人気地域を抑え、 
14年連続(2006~2019年)で日本人が住みたい国「世界No.1」なんです。

それは、それだけ日本人にとって生活しやすい国だということ。

理由としては 

・生活の質が高い

特に首都KLでは都会化が進み、どんな買い物にも困らない。

日系スーパーのイオン、ダイソー(100円ショップ)、
日系レストランの吉野家・はなまるうどん・CoCo壱番屋、
などがマレーシアの全国に展開。

また、

・基本的に街中どこでも英語が通じる。

・友好的で親日な国民

・政治が安定している

・東南アジアの中でも圧倒的に犯罪率が低い

などの点が挙げられます。

マレーシアにいる在留邦人数は約2.3万人で、在留邦人総数は世界全体で12位。

事実、マレーシアの日系レストランや日系スーパーマーケットに行くと、平日にも関わらず「ここは日本か?」と思う程に日本人のビジネスマン、その家族、退職後の永住者が集まっています。

正直、語学留学には英語環境に集中して身を置ける「日本人が居ない・少ない環境」がベストとされます。

現在のマレーシアは日本人の’学生’は比較的少ないものの、社会人やその家族は多いので、日本人向けの生活環境が整っているという、留学生にとってはベストな状況かもしれません。

事実、マレーシアは留学先としてではなく、修学旅行先としては移住先と同じように既にメジャーな存在になっています。

1位こそありませんが、各国入れ替わりが激しいランキングの中でマレーシアは常に2~3位の高い人気をキープしています。

2013年には私立高校の生徒も合わせると20,139人の高校生が日本からマレーシアに訪れています。​

このように、高校生でも安全かつリーズナブルに海外の文化を学べる・楽しめる渡航先としてマレーシアは人気の国になっています。

はい。大変治安の良い国です。
実は、マレーシアは数ある留学で人気の国の中でも、とても治安の良い国なんですよ!

英・エコノミクスが毎年発表する、
最新の世界治安ランキングでは
マレーシアは16位。
これは、台湾や韓国、ドイツやイギリスよりも上の順位なんですよ。

また、マレーシアが
「日本人が移住したい国ランキングで14年連続不動のナンバーワンの人気」
という事をご存知ですか?

オーストラリアやハワイといった人気地域を抑え、 14年連続(2006~2019年)で日本人が住みたい国「世界No.1」なんです。

Categories: 保険, 留学準備

ご利用用途やご予算に合わせて、保険会社・サービスの選定ができるよう、弊社から複数の保険会社/サービスをご案内します。


保険会社の選び方は任意で、お客様ご自身で決めて頂いて結構ですが(特定の保険だけを無理に勧めることはございません)、
渡航前に、必ずいずれかの保険にご加入ください。

Tag: 保険